ホーム>「山下清」

「山下清」

山下清

山下清

山下清の軌跡

山下清

大正11年、東京都浅草に生まれる。本名 大橋清治。
『日本のゴッホ』、『放浪の天才画家』等、数多くの異名のもとその特異な画風と貼絵に見られる天才的な手法は他に類を見ない。
昭和46年49歳の若さで永眠する。

全国を巡る放浪生活の中から幾多の傑作を生み出した山下清氏は、ここ昇仙峡を好み、よく訪れていたといいます。素朴なタッチと大胆な構図で描かれたペン画や貼り絵は、豊かな色彩感覚に溢れ、見る者の心を素直に感動させます。見たままに、感じたまに捉えた山下清氏の世界をぜひ感じて下さい。

作品集

グラバー邸(貼り絵)
長岡の花火(貼り絵)

 

日本平よりの富士(貼り絵)
貼り絵昇仙峡

 

ページ上部へ