ホーム>昇仙峡ガイド

昇仙峡ガイド

森の駅 昇仙峡

昇仙峡影絵の森美術館の隣に併設されている森の駅昇仙峡。

2017921112539.jpg

館内には山梨を代表する「桔梗信玄餅」「ほうとう」などのお土産品を多く取り揃えています。

一番の人気商品は山梨県産の「生はちみつ」です。

お土産品にはもちろん、喫茶コーナーでも生はちみつを使用した「生はちみつソフトクリーム」「生はちみつレモンソーダ」を販売しております。

2017921112256.jpg    2017921112445.jpg

ほうとう処「花仙両」もあり、ほうとう味くらべ真剣勝負にて「ほうとうの達人」の称号を頂いたほうとうがおススメです!(^^)!

また、お蕎麦におうどん、丼ものもございます!!

2017921112832.jpg

森の駅昇仙峡はバリアフリーも充実しており、スロープや多目的トイレもございます!

また、従業員にお声がけいただければすぐにお手伝いに参ります(^^♪

ほうとう処「花仙両」

昇仙峡でほうとうを食べるならずばりここ!!

県内のほうとう処が出品した大会で「ほうとうの達人」の称号も獲得した、このお店のほうとうは

①味噌が違う!!!

10年以上熟成させた味噌だけを使う出汁の効いたスープは味噌のコクと旨味を感じるスープ!

②麺が違う!!!

小麦から拘った麺は、香り・味共に一級品!!確りとスープに絡み、旨味を感じられる麺は絶品!!

③具材が違う!!

ほうとうといえばかぼちゃ!ということでかぼちゃは、北海道産のかぼちゃを使用!甘みが強くほうとうにピッタリ!

食べたお客様を必ず満足させてくれますよ(^^)/

ほうとう以外にも蕎麦・うどん・パスタ・ご飯ものと約20種のメニューの中からお選びいただけます。

席数は80席あり、時期によって席のご予約も可能。また団体用のメニューもあるので、バスで昇仙峡にお越しのお客様のお食事も対応可能です。

2017918111921.jpg

蕎麦・甘味処「みつや」

昇仙峡の滝上に位置するお食事処。

平成の名水百選にも選ばれている昇仙峡の名水を使った、お蕎麦・甘味が食べれます。

蕎麦はその日のうちに打ったものを使用し、こだわりのつゆでいただくお蕎麦は絶品!!古民家風のお店は昇仙峡の雰囲気にピッタリの情緒ある趣きです(^^)/

201791712378.JPG

「あんみつ」やきなこ・黒蜜・白玉をトッピングした「きなみつアイス」など甘味も充実し、地元のお客様にも愛されるお店です(^^)

昇仙峡影絵の森美術館やバス停からも歩いて3分程で到着します。

昇仙峡で昼食に「お蕎麦」をご検討のお客様は、落ち着いた雰囲気でお食事できる「みつや」がおススメです(^^)/

森カフェ

昇仙峡滝上にある「森カフェ」は蕎麦・甘味処「みつや」と箸屋「楽膳」の間にあります。

道に面するカウンターでは、昇仙峡の名水を使ってドリップしたコーヒーやソフトクリームをテイクアウトすることも出来ます。

テイクアウトメニューは店内でも食べる事ができる。店内では森カフェでしか食べる事の出来ないオリジナルメニューもあります。

おススメは森の駅で販売している蜂蜜をたっぷりとした使用した「ハニートースト」がおススメ!!

2017918123626.jpg

散策・ハイキングで歩き疲れた体に蜂蜜の甘さが染み込みます(^^♪

他にもパスタや軽食・お飲み物もありますので昇仙峡でほっと一息つきたい時に立ち寄ってみては、いかがでしょうか?(^^)

昇仙峡滝上市営無料駐車場

昇仙峡の一番上にある無料駐車場になります。

影絵の森美術館や、ロープウェイなど施設を利用を目的とされるお客様には、一番便利な駐車場です。土産店・食事処も近くに沢山あるので、お食事やショッピングにも使いやすい駐車場といえます。散策の際には仙娥滝まで片道10分程と昇仙峡内にあります3つの無料駐車場の中でも一番近く、春はほうとう祭、夏にはわんぱく広場とイベント会場にもなっています。

収容台数も3つの無料駐車場の中でも一番多く普通車約80台が駐車可能です。

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩3分程のところにあります。

昇仙峡県営無料駐車場

昇仙峡のほぼ中心にある駐車場です。

県営無料駐車場から遊歩道を歩き影絵の森美術館のある滝上までは約1.7㎞時間にして30~40分で上まで歩くことが出来ます。

滝上までは石門や仙娥滝など散策の見どころも多く、人気ハイキングコースとなっています。

2017918102146.JPG
2017918102237.jpg

 

収容台数は普通車37台、大型バス10台と一般の車の収容台数は、さほど多くありませんが、大型バスも駐車できますので、バスでお越しの際にも非常に便利な駐車場となっています。

 

天神森市営無料駐車場

昇仙峡入り口にある市営無料駐車場になります。

主にハイキング・散策をメインとするお客様が利用します。天神森市営無料駐車場から遊歩道をすべて歩くと約4.2㎞になり昇仙峡影絵の森美術館のある滝上まで行く事ができます。

収容台数は普通車60台で11月などは早くからマイカーで賑わいます。

昇仙峡ロープウェイ

影絵の森美術館から徒歩3分~5分で仙娥滝駅に到着します。

全長1015mで載っている時間は5分程で、パノラマ台駅に着くと山頂では、ハイキングコースがあり景色を楽しみながら散策することが出来ます。

天気が良ければ富士山が見えたり、南アルプス連峰が見えたりと、景色は抜群!!四季折々の表情をパノラマ台駅からご覧いただくことができます。

春の桜から新緑、そして秋の紅葉へと移り変わる様をご覧ください(^^♪

2017916124356.jpg

昇仙峡ロープウェイと昇仙峡影絵の森美術館の乗車&入館がセットになった券も両施設で販売中!

両施設を利用すると2000円掛かりますが、セット券だと1600円と400円もお得になる券がありますのでご活用ください(^^)/

流しそうめん「円右衛門」

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩7~8分。爽涼な風を感じる荒川の渓流を見ながら流しそうめんを召し上がれます。

竹筒を使った本格的な流しそうめんは、お子様連れのお客様にも大変人気があります(^^♪

2017920152329.jpg

寒い時期には山梨の郷土料理「ほうとう」が登場!薬膳味噌を使ったほうとうは身体が温まる事間違いなし!!

 

ほうとう会館

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩3分程の所にあります。

昇仙峡滝上からロープウェイまで続く道沿いにあり、大きなほうとう饅頭のレリーフが目印!

ほうとう会館では「ほうとうの麺打ち体験」ができ、少人数からでも対応可能。手打ちした麺はお土産にしたり、その場で召し上がる事もできます。

一度に100名様まで一緒に体験ができ、皆さんで楽しくご利用いただけます。

20179211162.jpg

ほうとう会館名物はオリジナルの「ほうとう饅頭」。ほうとう饅頭は、冷凍でお土産にしたり、蒸したてをその場で食べる事ができます。食べ歩きには、もってこいのメニューなのでアツアツのうちにお召し上がりください(^^♪

その他食品や民芸品など様々なお土産品が充実しています。

201792111644.jpg

 

 

橋本屋

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩3分程の所にございます。

橋本屋さんは昇仙峡仙娥滝入り口にあり、左側にはお食事処、右側には売店コーナーがございます。

右側の売店コーナーには、山梨名物桔梗信玄餅やほうとうなどのお土産品のほかにも、

散策しながら召し上がる事ができる、ソフトクリームや米粉を使ったカレーパンもございます。

さらに、店内には建設途中に発見された天然水晶鉱をご覧になる事ができますよ(^^♪

左側のお食事処では、ほうとうやお蕎麦のほかにも一品ものや定食があり、お腹いっぱい召し上がれます。

 

クリスタルサウンド

水晶発祥の地と言われる昇仙峡にある水晶博物館「クリスタルサウンド」は、影絵の森美術館から徒歩5分程の所にございます。

水晶博物館の前にある巨大なパワーストーンが目印で、人気の撮影スポットにもなっています(^^♪

水晶博物館には、水晶をはじめ滅多に見る事ができない、世界中から集められた宝石が展示されています。

さらに、宝石を加工して作られた「美術品」や「貴石画」、「宝石立体像」などが展示されており、川中島の戦いをモチーフとした武田信玄と上杉謙信を題材にした水晶作品もあります!

また水晶博物館は入館料が、終日無料となっております。

館内のミュージアムショップでは、オリジナルのネックレスやブレスレットの制作や、他にも珍しい原石などこちらでしか手に入れることが出来ない商品があり、お買い物もお楽しみいただけます。

様々な不思議な力があると言われる水晶。ご自身のお守りとして、大切な方へのプレゼントとしておススメですよ(^^)

2017921111352.jpg

 

昇谷

影絵の森美術館から徒歩1~2分程の所にある薬膳キムチの専門店です。

素材と秘伝のタレのみを使い、保存料や着色料を一切使っていないこだわりのキムチです。

種類も白菜や大根などの野菜、山菜を使ったものなど多く取り揃えているようです(^^♪

季節限定品の軽食コーナーもございますので、小腹が空いたときなどにはピッタリですね。

2017921105341.jpg

山梨ワイン王国

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩5分程の所にございます。

山梨ワイン王国では、季節によって「ブリティッシュローズガーデン」と言われている約100種類のバラと、四季折々の花街道を散策することが出来ます(^^♪

2017920125050.jpg

さらに、豪華なリムジンで記念写真を撮る事ができ、とても人気があります!

2017920131146.jpg

 

 

店内には、日本有数ワインメーカーのワインやオリジナルワインを取り扱っており、ワインのテイスティングも実際にプロが実演しております!!

お酒が苦手な方やドライバーさんには、果汁100%のお飲みのものなどもございますので、皆様でお楽しみください(^^)/

 

 

オムニバス

県営グリーンライン駐車場から仙娥滝上、金櫻神社、荒川ダム駐車場を一区間300円でご利用いただける昇仙峡渓谷循環乗合バスです。

乗車料金は、現金払いの場合一区間300円となり、乗車チケットを4枚綴り1,000円購入すると区間あたり50円お得となります。

未使用チケットは「さわらび」にて金券としてご利用になれます。

4月から11月の終わりまで県営無料駐車場~金櫻神社の間が送迎可能です。

12月から3月の終わりまでは、昇仙峡入り口天神森~金櫻神社の間が送迎可能となります。

※昇仙峡内を巡回している為、道路状況により実際の運行時間が変動する場合がございます。

2017930132836.png

仙娥滝

日本の滝百選にも選定されている、昇仙峡の観光シンボルの一つ。

地殻変動による断層によって出来た落差30mの壮麗な滝です。

滝までの道は、アスファルトで舗装されており、大滝に比べ歩きやすくなっています。

最寄りの駐車場から歩いて5分とアクセスもしやすく、影絵の森美術館からも歩いて5分と近いので、美術館に立ち寄ったお客様は、ぜひ見ていただきたい。

2017930122830.JPG

 

大滝

昇仙峡の隠れたパワースポット。影絵の森美術館のある昇仙峡滝上から更に奥にある板敷渓谷の中にあります。

 

2017930121130.jpg

 

大滝までの道のりは、小川を渡り、渓谷沿いを進んで行きます。

板敷渓谷の入り口から大滝までは歩いて約10分。

アスファルトの舗装などはありませんので、人の手がほとんど入っていない自然の中を進んで行くと…

 

※雨が降った後などは、道が滑りやすくなりますので、お気を付けください。

 

201792171153.png

 

高さ33メートルの2段の滝が目の前に広がります。

昇仙峡の観光名所「仙娥滝」よりも滝の近くまで行けるので、滝からの水しぶきも感じられ、マイナスイオン効果たっぷり!

影絵の森美術館のある昇仙峡滝上地域の水も綺麗ですが、大滝のある荒川の源流は更に透明度が高くビックリ!!

新緑や紅葉でも四季折々の表情を見る事ができます。

201792171246.JPG

 

冬には氷瀑になる事も!?

影絵の森美術館から大滝の最寄りの駐車場まで車で5分。

大滝へ向かう際は、歩きやすい靴でお越しください。

 

石門

昇仙峡の代表的なシンボルの一つ!

巨大な天然石で形成された門は、仙娥滝から下る事片道5分で見る事ができます。

上に、もたれかかるように見える石と横の石は、わずかな隙間が空いており、昇仙峡観光のパワースポットとしても有名。

石門を潜る際に願い事を想いながら、石門を潜ると願い事が叶うとか!?

石門は遊歩道にありますので、車で向かうことは出来ません。

昇仙峡影絵の森美術館から徒歩7分~8分程で到着します。

2017912141427.jpg

金櫻神社

昇仙峡にある神社で主に金運に恵まれることで有名です。

約2000年前に甲斐の国に建てられており、歴史のある神社です。

水晶発祥の地と言われている昇仙峡にちなんで、神社に祀ってあるご神宝は昇仙峡で発掘され磨きだされた水晶「火の玉・水の玉」です。

あの武田信玄が戦勝祈願に来ていたとも言われているので、歴史好きの方は必見ですね(^^)

201793124053.JPG

201793135953.jpg

4月下旬~5月上旬にかけて淡い黄色味を帯びたウコン桜が満開となり、ピンクのサクラとのコントラストが色鮮やか!

この桜を見に来る観光のお客様も多くいらっしゃいます。

この時期に2色の桜を拝んた後に神社にある水晶のお守りをうけると一生涯金運に恵まれると言われています。

影絵の森美術館から車で5分程、上ると境内が見えてきます。

 

夫婦木神社

昇仙峡に夫婦木神社が2つあり、「本殿」と「姫の宮」でわけられます。

姫の宮は影絵の森美術館から徒歩2~3分と近く、本殿は影絵の森美術館から車で5分程上がったところにあります。

夫婦の和合、出世、財宝繁栄が図られるとされている。

樹齢800年余りの檜が御神木として祀られており、拝観することも出来ます。

「運転神社」として全国の始祖で交通安全の祈願所でもあるので、昇仙峡観光へ訪れた際は、ぜひ夫婦木神社へお立ち寄りください。

2017910171017.jpg

天鼓林

201792132658.jpg

昇仙峡の渓谷沿いに位置する天鼓林。

遊歩道から一歩、その林に足を踏み入れると足元から不思議な音が聞こえます。

それは、長い時間をかけて渓流が削り取った地下の空洞から皆さんの足音が反響する音と言われています。

その昔、その不思議な林に足を踏み入れた旅人が足元から『ポン! ポン!』と聞こえてくるその音に「から太を授かった不思議なだ」と言ったことから天鼓林(てんこりん)という名前が付いたと言われています。

11月上旬には一面紅葉で色付き、下旬には一面紅葉の絨毯になります。

最寄りの駐車場は影絵の森美術館より車で2~3分の県営無料駐車場。

駐車場より歩いて片道15分程。

荒川ダム

20179212233.jpg
201792122520.JPG

 

昇仙峡にあります『荒川ダム』は1986年に出来た甲府市の上水道の確保や洪水調節を目的とした多目的ダムです。

高さ88メートルから見下ろすダム湖は、昇仙峡の地名から「能泉湖」と呼ばれています。

ダム湖周辺の森林は「昇仙峡水源の森」と名付けられ、春には新緑、秋には紅葉と四季折々の表情を見せてくれます。

特に秋の紅葉は、能泉湖の周りの葉が色付き七色の紅葉と言われ、昇仙峡の紅葉の穴場スポットです。

 

ページ上部へ